カテゴリ:3年生

第38回卒業証書授与式

やわらかい春の日差しの溢れる中、
 令和元年度 松山市立南第二中学校 第38回卒業証書授与式が行われました。
今般の状況により縮小という形ではありましたが、厳粛な式典を実施することができました。
校長先生からは、「3年生は後輩にとって憧れであり、超えるべき目標になっていた。後輩にまいた種は受け継がれていく。」「夢を語れる人になってほしい。石碑の校訓『創る』は、自分を『創る』という教えであり、夢の実現の過程で気付いていなかった才能が開花する。」との言葉が贈られました。
 短い時間の式ではありましたが、中学校のよき思い出と新たな出発を心に強く思い描いたことでしょう。
卒業生の今後に幸多かれと願っています。